カンタータ日記・奥の院

アクセスカウンタ

zoom RSS 大宮・本殿特別参拝〜古代の聖地で鹿とたわむる 春日大社参拝記録・その2

<<   作成日時 : 2014/08/20 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



画像



画像






 幣殿の右方、大銀杏のすぐ下に本殿特別拝観受付があり、そこから幣殿のさらに奥に参拝することができる。

 (特別参拝・500円)

画像




 この祓串で身を清めてから、奥へ。

 その後ろ、たくさんの社が並んでいる。

画像



 幣殿のわきを奥へ。

 正面に美しい中門が姿を現す。

画像



 幣殿の奥、清浄な林檎の庭。

画像



 正面に、あまりにも鮮やかな中門。感動。

画像



 中門へ続く階段を登っていくと、今度は右手に梅の巨木が。

画像


 左手、林檎の庭の向こうには、迫力満点の大杉。

画像


 正にここは、巨樹の国。

画像



 梅の巨木越しに、中門を見る。

画像



 
 中門に到達。

 中門の向こうには、4つの社が整然と並んでいる。(国宝・春日造りの本殿

 そこに入ることはできず、写真もとることができない。


 中門前から、林檎の庭を見下ろす。

画像


画像




 南門から中門まで続く東回廊

画像


画像



 東回廊からの眺め。すべてが明るく、美しい。

 
画像



画像
画像


画像



 やはり、鹿が彫られた灯籠が多い。



 この後は、本殿を取り囲む、中門を中心にした御廊から、捻廊を伝って、本殿西側に下りる。

 そこにはたくさんの社殿や巨樹、古樹が。


画像



画像




 風宮神社と風が招きよせた七種寄木

画像


 母樹のカゴノキに、ツバキ、ナンテン、ニワトコ、フジ、カエデ、サクラの木が着生している。
 ツバキ、サクラ、カエデ、1年に渡って花が楽しめる?

画像




 大宮の最も北側にある、

 藤浪之屋

画像


 現在は、釣燈籠の展示場になっていて、薄暗い堂内に入ると、昼間でも燈籠がともっているのをながめることができる。
参詣者が「万燈籠(節分の日)」の雰囲気を体験出来るように、という趣旨のようだ。

 内部

画像


 とても幻想的。写真では、露出を開いているので明るく見えるが、実際はもっと薄暗い。

画像


画像
画像


画像




画像



 こちらも鹿のデザインが多い。



 このあたりからは、国宝の本殿を、真横の近い位置から観ることができる。

 本殿の写真撮影は、禁止。



 宝庫(手前)と移殿(内侍殿)

 
画像


 背後からの写真。

 右写真、移殿(内侍殿)の向こうに見えるのは、直会殿。
 直会殿の右側に見える屋根は、西回廊の屋根。西回廊との間には御手洗川という流れがある。

画像
画像



 西回廊には、内侍門、清浄門、慶賀門という3つの門がある。


 内侍門から外をながめる。

 酒殿、貴賓館(斎館)等、大宮の西側に立ち並ぶ建物が見える。

画像



 清浄門の前あたりから、直会殿と西回廊の間を見る。

 このあたりも灯籠がすごい。下には、フタをされてしまっているが、御手洗川の流れ。

画像


 逆側、前回の記事ですでに紹介した、砂ずりの藤のある慶賀門前あたりからながめる灯籠。
 圧巻!

画像
画像



 ここも鹿だらけ。

 

 先ほど林檎の庭の向こう側から見た大杉の根元を間近で見る。
 えらいことになっていた。

 大杉と柏槇

画像


 巨樹どうしが相撲をとって、柏槇が横に大きく傾いたような形になっている。
 柏槇はそれでも踏みとどまって、直会殿の屋根を貫いて大きく空に伸びている。、

画像


 大杉の根元にある岩本神社

画像




 直会殿


 清々しい座敷から、林檎の庭越しに中門・本殿を参拝することができる。

 参拝にあたっての気持ちや願い事を書いて、奉納することも。


画像
画像



 直会殿からのながめ。

画像


 清浄の一言。

画像
画像




 幣殿内部を間近にながめつつ、

画像



 出口。

画像






そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大宮・本殿特別参拝〜古代の聖地で鹿とたわむる 春日大社参拝記録・その2 カンタータ日記・奥の院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる