カンタータ日記・奥の院

アクセスカウンタ

zoom RSS WBC1次ラウンド プールB 日本VSオーストラリア

<<   作成日時 : 2017/04/09 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年もプロ野球が開幕!
 待ちに待ったシーズン到来!のはずですが、ヤクルトファン、日ハムファンにとっては忍耐の毎日が続いています。


 それはともかく、今年の3月は、2017 WBC ワールド・ベースボール・クラシックの一か月間でもありました。
 さすがにアメリカまで行くことはできませんでしたが、日本で行われた1次ラウンド、2次ラウンドには、それぞれ一度づつ応援に行きました。

 チームの成績は別にしても、侍ジャパンのメンバーのすばらしいプレイを観るとわくわくして、やっぱり野球はいいな、と思ってしまいます。


 と、いうわけで、最高の戦いを見せてくれたメンンバーの記念に、その時に出場した(ほとんど)全選手の写真をアップしておきます。



 まずは、1次ラウンド プールB 日本VSオーストラリアから。



画像



画像



画像




 3月8日 冬の終わりの夕景


画像



画像




 3月8日(水)


 2017 WBC ワールド・ベースボール・クラシック

 1次ラウンド プールB(東京プール)

 日本代表 VS オーストラリア代表

  @ 東京ドーム


画像



画像



画像
画像


 
画像
画像




 入場
 
画像
画像




 ウォーミングアップ

画像
画像


画像




画像




 そして、これが、侍ジャパン、黄金のスターティングメンバー


画像



 1次ラウンド、第1戦、第2戦通じて不動だった。

 1番から9番まで、すべての打者に期待が持てる。わくわくする。
 最高のメンバー、そして順番だと思う。


 1番 DH 山田

画像


画像


画像


画像



 2番 セカンド 菊池

画像
画像


 菊池の華麗な守備は最大の「攻撃」でもある。

画像



 3番 センター 青木

 ほんとうによく帰ってきてくれた。

画像
画像


画像



 1回表、日本の攻撃、
 プレイボールとともに、山田、菊池がいきなり連続ヒット、続く青木はゴロに倒れるも、2人のランナーを2・3塁に送るという息もつかせぬ怒涛の進撃。
 続く主軸がここでは爆発せず、その後息詰まる投手戦になってしまったが、個人的にはこの時が最もエキサイトした瞬間だった。

画像



 4番 レフト 筒香

画像



 5番 ファースト 中田

画像



 6番 ショート 坂本

画像



 7番 ライト 鈴木

画像



 8番 サード 松田

 あいかわらず「熱男」、「熱男」ばかり言っているが、この時ばかりは誰よりも頼りになる。
 シーズン中ファイターズのに応援をしていて、松田の応援歌はいやでも耳についているので、ここぞとばかりに大合唱に加わる。
 まさか、自分がこの歌を歌うとは。
 でも、これがWBC.

画像


画像



 9番 キャッチャー 小林

画像



 9回表、最後の日本の攻撃、
 ここでも鈴木、松田が連続ヒット、続く小林がバンドの構え、
 会場中が一つになって湧き上がった。大声援!バンドにこんなにも期待が集まったことがかつてあっただろうか、と思えるほど。
 そして、小林、期待に応えて見事2人のランナーを2・3塁に送り、会場中が大拍手!スタオベ。バンドの成功にこんなにも歓喜したことがかつてあっただろうか、と思えるほど。
 そして、迎えたバッターが、一番、山田。
 山田のあの印象的な応援テーマが流れだして、会場のボルテージは最高潮に!
 この日一番の盛り上がりだったのではないだろうか。

 しかし、山田に対し、オーストラリアのサール投手は何と敬遠策に・・・・。

 がくっ。

 山田選手は残念だったが、小林選手はほんとうに魅せてくれた。
 この予選ラウンドにおける小林選手の活躍ぶりは、みなさんご存知の通り。

画像



 と、いうわけで、このメンバーならではの畳み掛けるような波状攻撃は残念ながら見られなかったが、
 筒香、中田両方のホームランが見られたし、大満足。
 特に、中田のホームランなど、シーズン中にファイターズの応援に行った時にはほとんど観たことが無い?ので良かった。
 但し、この時点では、山田が相変わらず(昨シーズン終盤からずっと)本調子では無いのがちょっと心配でもあった。



 投手陣のリレーも圧巻だった。


 菅野

画像



 岡田

 岡田の時に、この試合唯一の、しかしとんでもない大ピンチを迎えたが、その時の球場全体が一つになった大声援が、ある意味最も感動的だった。
 そして直接その声援が絶体絶命のピンチを切り抜けることにつながった。
 5万人の祈りが一つになって、実際にその祈りが現実世界に作用するという、ちょっと普通では考えられない夢物語のようなことを、目の当たりにしてしまった。 

画像



 千賀

画像



 我らが宮西さん

画像
画像



 牧田

画像
画像



 ふだんはいやでいやでしょうがない千賀や牧田だが、ほんとうに頼りになる。



 結局、この傘を使う機会は無かった。 

画像


 

 オーストラリアの応援

画像




画像



画像




画像
画像






そのほかの「記事目次」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
WBC1次ラウンド プールB 日本VSオーストラリア カンタータ日記・奥の院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる