南パラで出会った動物たち~SW南房総旅行アルバム・1

 千葉・館山、
 平砂浦海岸に沿ってまっすぐに延びる有名な房総フラワーライン。

 南房パラダイス(通称・南パラ)は、その美しい道路に面して並ぶ「オーシャンヴェールリゾート」の中のひとつ。

 広大な園内には、10棟にもおよぶ連続大温室や、花畑、動物舎などがあり、順路どおりに一回りすると、熱帯などのさまざまな動植物と触れ合うことができて、ちょっとしたリゾート気分を味わうことができる。

 今回はまず、動物を中心に、ご紹介。
 


 ここは、やはり、まずはサルから。


 ワタボウシタマリン。 
 小さくて、毛並みが美しいが、ちっともかわいくない。怖い。

画像
画像



 ムネアカタマリン。
 尾がやたら長い。

画像
画像







 ぐったりしていて、よくわからず。名前も調べ忘れた。

画像



 シロガオマーモセット。
 小さいくせに、なかなか威厳がある。

画像




 ただのやぎ。
 こうして犬を散歩するみたいに連れて歩けるのだが、あまり楽しくない気が・・・・。

画像
画像




 ラマ。完全にとぼけてる。 

画像
画像




 ワラビー。

画像




 コツメカワウソのカップル。

画像


 いつもくねくねからんでいる。とてもなかよし?
 カワウソは、昔は日本にもたくさんいたのだ。

画像
画像




 ぞうがめの夫婦。

画像
画像




 エミュー。

画像


 あかちゃん

画像
画像




 その他のいろいろな鳥たち。
 鳥が放されている温室もある。

 カンムリバト。「ハト」というわりには大きい。

画像


 左、オウカンエボシドリ。
 右のみずどり、名前は確認しそこねたが、羽がコバルト色に輝いてきれい。

画像
画像


 世界のインコたち。
 右の写真はアマゾン川流域に生息するルリコンゴウインコ。
 今年の浅草サンバパレード、「命の森・アマゾン」がテーマだったリベルダージ・チームのアレゴリアを思い出す。

画像
画像


 まるで、満開の花みたい。

画像




 その他、蝶たち。
 蝶がはなされている温室も。
 巨大な蝶がばたばた飛んでいて、ちょっと怖い。

画像


画像
画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事