海を抱くコテージ・安房自然村正翠荘(お気に入りの建物・特別編)~SW南房総旅行アルバム・3

画像




 この日の宿は、安房自然村、正翠荘。

 南房総国定公園の一部である安房自然村は、
 房総フラワーラインの終点、房総半島の最南端近く、
 青木繁の「海の幸」の舞台にもなった、
(そして、ドラマ「ビーチボーイズ」の舞台にもなった)
 美しく素朴な布良浜(めらはま)海岸(阿由戸浜)に面する丘陵に広がるリゾートです。

 ここは、不老山薬師温泉という温泉地で、民家風のそば処「涼庵」(わたしが行った日は休業中だった・休業期間は不明)や「名主の館」で食事をすることもできるため、日帰りの入浴客でも賑わうところ。

 メインの宿泊施設である「正翠荘」は、なだらかな丘の中腹に、背後に緑鮮やかな山々を背負いながら、眼下には青く広がる布良の海を見下ろすようにして建っている、洋風コテージ。

 最高のロケーションもさることながら、
 その建物自体が、実にすぐれた本格コテージ建築。
 全面ガラス張りの、巨大な三角屋根の正面吹き抜け(内部は食堂)を中心に、
 素朴な木の柱と白壁、それからやはり三角屋根が印象的な客室が、まるで海を抱きかかえるように、左右対称の雁行型に配してある。
 その考え抜かれた意匠、構造は、見た目からしてすでに美しく、
 さらに、食堂から、そしてすべての客室から、つまり、建物のどこにいても、海を眺めてくつろぐことができる、というしくみ。

 海のリゾートにふさわしい、すばらしい建築。


▽ 正面ファサード全体像

画像




 メインエントランス(山側の裏手)からロビーに入る。

 ロビーの空間は、そのまま吹き抜けの大食堂に続いていて、
 客の目に、いきなりこの絶景が飛び込んでくる。 

画像



画像
 ロビー方向を振り返る。
 吹き抜け空間には、
 通路が渡らせてある。
 (左右の2階客室に続いている) 






画像
 通路に上って、
















 通路から、また正面を見る。さらに展望が開ける。

画像




 客室


 洋室に、広い座敷のついたタイプの部屋。
 天井が高く、快適。

画像
画像




 ベランダからは、もちろん海が見える。

画像


 ちょうど美しい日没となった。

画像




 夕食


画像



画像



 スタンダード・タイプだったが、これでも、ちょっと豪華すぎ。
 これに、あわび付きや伊勢エビ付きのプランもあるが、おそらく食べ切れない。

画像



 ついでに朝ごはん

画像



 ライトなどの意匠も凝っている。

画像




 温泉


 部屋の内風呂もあるのだが、
 日帰り客も訪れるという、
 薬師温泉(露天風呂付きの洞窟風呂)は、外にある。

 もちろん男女別で、時間により、入れ替わり制。


 入口。

 
画像


 この奥にうち風呂+露天風呂がある。雰囲気満点だが・・・・。

画像
画像



 お湯も、琥珀色で、ものすごくあったまるし、肌もすべすべになるのだが、(一瞬だけ)
 とにかく、せまい・・・・。(泣く)
 宿泊客だけでもほとんど満員の状態だったので、入るスペースがないほどだった。

 もう一方の方は、これよりは広いようだったが。

 部屋のお風呂にゆっくりと入りなおした。
 もちろん、こちらも琥珀色の熱いお湯が出る。


 薬師温泉の、手打ちそば処「涼庵」(左)と、「名主の館」(右)。
 「名主の館」は、宿泊もできる。

画像
画像




 裏山のハイキング・コース(能忍寺)から見た正翠荘。山側のエントランスのある方。

画像




画像
 ロビーで買うことができる、
 付近の三芳(ちょっと前まで「村」だった。
 現在は南房総市の一部)特産の牛乳で
 つくられたアイスクリーム。
 ものすごく濃厚で絶品。
 三芳は、酪農がさかんらしい。
 出発前にどうぞ。










 海に向かってゆるやかに下る道。

画像




 美しい建物を振り返る。ガラスに緑が映ってほんとうに美しい。

画像




 下界の花々。

画像
画像




 バスを待つ間、漁村を散策。

画像
画像




画像




画像
 




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事