大阪天満宮天神祭・船渡御

画像



画像



画像




 2015年7月25日(土)


 大阪天満宮 天神祭 

  ~本宮


画像




 さて、日も傾いてきて、いよいよ船渡御。



 コンビニ&広場でしばらく休んでから南下、川沿いの道を東へ行き、天神橋北詰へ向かう。
 堂島川にはすでにたくさんの人を乗せた多くの船が浮かび、それぞれの船の案内のアナウンスやら、そこらじゅうに飛び交う楽しげな会話で、たいへんな賑わい。


 光&水のまぶしさ、そこに集まる人々の渦巻くエネルギーで、目も眩みそうになる。



 出航を待つ船。やがて、これらがみんな、いっせいに動きだすのだ。
 (大部分は台船や砂船。動力を持たないので、前後にボートをつないで移動させる)


画像


画像



 右、太閤さん。背後には美しい建築が。

 このあたり、中之島周辺は、日本でも有数の歴史的名建築密集エリア。

画像
画像



画像




 ちょうど天神橋のたもとに、行列の先頭の催太鼓(もよおしだいこ)が到着したところだった。

画像
画像




 天神橋を南へ歩き、途中で階段を下りて中之島公園へ。

 天神橋北詰には神輿等を船に移す巨大なクレーンが設置されており(ここが本部)、そこから主な船渡御の船は出航する。
 そのちょうど対岸の河原の芝生に座り、陸渡御の渡御列をそのまま船上にのせた船渡御の船が、次々と出航するのを見送ることにした。


画像
画像



 背後の土佐堀川の方では、文楽船などの舞台船が動き出していたが、河原にも人がどんどん増えてきて移動しづらくなり、写真は撮れず。



 先ほどの催太鼓が河原に到着。

 乾杯。

画像


 「からうす」をやっている??

画像
画像



 先頭を切って出航する、催太鼓の船。

 独特の太鼓のリズムが、空と川に響き渡る。

画像




 どこからともなく、どんどこ船がやってきて、河原の観衆とともに「大阪じめ」をしまくり、場を盛り上げる。


画像



画像



 どんどこ船の向こうで、クレーンが御羽車(おはぐるま)をつり上げているのが見える。

画像




 御羽車船

画像




 天神様がお乗りになられている御鳳輦(ごほうれん)。

画像




 御鳳輦の船が出る前に、天神橋の向こうから御錦蓋(おきんがい・神様の日傘)の船がやってきた。他の場所から出航する船も多い。
 御錦蓋のそばでは巫女さんが剣舞を行っている。
 先ほど観た太閤さんの姿も。

画像
画像




 お神輿も到着。まずは、鳳神輿

 管南連合(6つの町会連合)の御神輿。

画像




 御錦蓋をのせた船。ぼんぼりが美しい。

画像




 クライマックスは、御鳳輦の出航


画像



 御鳳輦の船が出港すると同時に、あたりに雅楽の調べが響きわたる。
 よく見ると、船上で生演奏をしている。
 黄昏色に染まった水面に、神秘的な楽の音を厳かに響かせながら、ゆったりと御錦蓋の船を追うかのように、御鳳輦の船が進む。

 舳にはかがり火。

画像


画像




 お神輿を船に移す。けっこうスペクタル。

画像


画像




 ライバルの玉神輿も到着。

 こちらは、中央市場の御神輿。

画像




 一昨年、やはりTHE ICEの大阪旅行の時の法善寺水掛不動尊表参道祭りで観てインパクトMAXだった、地車(だんじり)囃子の踊り(「龍踊り」というらしい)を繰り広げているにぎやかな船も通り過ぎてゆく。

画像




 これで、陸渡御で見られなかった主な渡御列も見ることができた。



画像



 浮世絵??

画像




 最後のお神輿の船も準備完了。

 悠然と旅立っていった。


画像



画像
画像



画像




 船渡御見物を切り上げて、天神橋を南に渡りきる。

 天神祭のもう一つの名物、奉納花火を観ることができる場所は、かなり離れているため、近くの蕎麦屋さんで食事をしながら、たまたま放送していたTVで、花火鑑賞。

画像
画像




 蕎麦屋さんの裏からそのまますぐ河原に出られたので、再び船渡御を眺めながら、川沿いを天満橋方面に向かうと、八軒家浜はたくさんの出店と人で大混雑。
 そんな中、ビルの隙間から、ほんのわずかに花火を観ることができた。

画像




画像
画像



画像
画像



画像




 正に、水の都の祭り。


 かなり下調べをしていったこともあって、初めてにしては、陸渡御、船渡御のそれぞれの行列のポイントを、驚くほどスムーズに見物することができた。

 次の機会があったら今度は、さらに混むと言う桜宮橋の方に行って、川を行き交う船、花火を目の当たりにしてみたい。



画像




そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事