テーマ:お江戸

’15ー’16 年末年始の明ちゃん

 12月 師走  暖冬のせいか、また師走大祓いのお札をもらいに行ったのが今年はやや早かったせいか、いまだ美しい紅葉の残る12月の神田神社でした。  銀杏色ずく本郷通り  鳥居越しに湯島聖堂の紅葉をふりかえる。  お正月の準…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

東海道シリーズ・藤沢宿を歩く

 新年なので、富士山の写真。  残念ながら、朝焼けの赤富士ではないけれど。  昨年末、  国宝 一遍聖絵 3+1館をめぐって全十二巻に出会う  のラストに、時宗の総本山・遊行寺の遊行寺宝物館に行った際、行き帰りの道中で、藤沢宿の雰囲気を満喫することができた。  この日は、こんな青空は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなお堂の中は、とっても濃い~。寛永寺両大師・阿弥陀堂の諸仏

 引き続き仏像記事。トーハクのすぐ横のお堂、寛永寺開山堂(両大師)については以前ご紹介しましたが、(こちらの記事)  その阿弥陀堂内の仏像の詳細です。  以前作りましたがアップし忘れていた記事。年末なので、出しておきます。背景はちょっと季節はずれですが。  両大師の阿弥陀堂は、知る人ぞ知る濃密仏像空間。  新年にトーハクにお越し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぞなぞの国・お江戸。判じ絵、算額の次は、「見立聯」。~秋の明ちゃん’15秋神田神社の記録

 ▽ これは、明ちゃんではありません。  10月  秋空  瞳  見立聯  板にヒントになる絵や物を貼り付けたものを見て、はやりの歌舞伎や舞踏の演目等を当てる江戸時代版なぞなぞ。  神田祭でも、聯小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

駒込・吉祥寺 経蔵の彫刻ほか

 以前訪れた、駒込・吉祥寺についてのちょっと詳しい記事。  曹洞宗 諏訪山 吉祥寺 (駒込)  この日は、チベット・フェスティバル2015開催中だった。    枝垂れ桜や、銀杏、すだじい等の巨樹に囲まれた参道がまっすぐに伸びる広大な境内には、大仏、経蔵、八百屋お七の碑など見どころ多し。  ちょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の中のバーチャル参拝・増上寺台徳院霊廟編~増上寺宝物展示室と台徳院殿霊廟模型

 さて、寛永寺の次は、増上寺。  毎年楽しみにしている春の増上寺舞楽。(昨年は直後に四天王寺舞楽に出かける予定だったので見送り)  今年は最終日の4月7日にでかけたが、当日はあいにくの冷たい雨、残念ながら中止になってしまった。  いつものように、春爛漫の境内で舞楽、とはいかずに残念だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜のバーチャル寛永寺をゆく~トーハク恒例、博物館でお花見を。その2・アウトドア編

 今日(4月8日)は、花まつりだというのに、朝は東京でも冷たい雪になってしまいました。  せめて気分だけでも春の気分を、ということで、東京で桜が満開だった3月31日の記録です。  今日の寒さの中で見ると、数日前の事とは思えません。完全に季節が戻ってしまった?  以前、バッハ・カンタータ日記の方に、初詣~幻の大寺院、寛永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「妖怪退治伝」~国立公文書館で出会った妖怪たち

 国立公文書館連続企画展第5回  妖怪退治伝   @ 国立公文書館 すでに終了  平日の昼休みを利用し、駆け込みで行ったが、間に合ってよかった。  妖怪退治等でおなじみの7人の豪傑?をセレクト、お江戸の絵入り本を中心に、詳しい説明付の展示。  国芳や北斎の濃い~挿絵の物も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トーハクのゆるキャラたち2~トーハク蔵出し

 恒例、トーハクで見つけたゆるい?方々。  またまた、アジア系の方から。  東洋館のマスコット?のこの方を見つけた。  展望ラウンジに佇んでらっしゃるのでおなじみだが、実物は意外と小さかった。  ハクション大魔王とあくびちゃん?  ひど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春特集。北斎の絵本隅田川両岸一覧(七福神の絵付き)~トーハク蔵出し

 この超大作浮世絵は、初めて観ました。  北斎 絵本隅田川両岸一覧(狂歌絵本)  下に、この時(昨年11月)トーハクに展示されていた12作品を、順番通りに並べてあります。  全部で、上中下巻、24作品の大部なのですが、その半分、上巻の全8作品、中巻の4作品にあたります。  何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元の「学校」に関係するお寺2つ・青い鳥はすぐ近くにも~23区内十二神将・千手観音等巡礼完結編

 これまで、東京23区内で、千手観音や十二神将などを観ることができるお寺を探し、訪ね続けてきたが、  この前の記事で取り上げた「板橋の佛像」によると、板橋区内だけで全部で4組の十二神将、  そして、何と、わたしが住んでいる場所のすぐ近く、普段何気なく通り過ぎているようなお寺やお堂にも、千手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだある十二神将&千手観音・遍照寺ほか~続・中山道古寺巡礼(再び喫茶店も登場)

 いたばし文化財ふれあいウィークの時に、新板橋駅周辺の旧中山道の写真を載せましたが、  今回は、まずは、板橋区役所のある仲宿付近の旧中山道を訪ねます。  このあたりになると、旧中山道もだいぶにぎやかになる。  昔から板橋宿の中心であり、吉原に次ぐ大規模な遊郭が存在していたそうだが、今も、仲宿商店街と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亜欧堂田善&谷文晁、河鍋暁斎・個性派饗宴~秋のトーハクおまけ

 まずは、この特集陳列から。  描かれた風景  亜欧堂田善  大作屏風、大迫力の浅間山図屏風。  浅間山の、見る方向で表情を変えるところが、屏風の特性によってうまくあらわされている。  何でもうまい谷文晁の風景画。  まずは、上の田善の作…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台東区の伝統工芸職人展 @ 平成館~トーハク・楽しい秋のイベント(各展示館詳細紹介付)2

 ☆ 平成館  東京国立博物館・平成館は、言うまでも無く、特別展の会場としておなじみの最新の建物。  皇太子殿下御成婚を記念して建築され、1999年開館。  本館に通じる廊下のところに、前述の考古資料展示室等もある。  12月1日(日)まで、京都展開催中。  ラウンジの一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の入江を見つめる「平安仏」の眷属たち・龍福寺~23区内の十二神将をたずねる2

 23区内の十二神将を訪ねる旅、  お次はどうしたものかと、藁にもすがる気持ちで、以前入手した、板橋区仏像調査報告書 「板橋の佛像」(板橋区仏像調査会・板橋区教育委員会編)という資料を見てみたところ、  あるわ、あるわ、板橋区内に、この資料に載っているだけで、4組の十二神将が存在することがわかりました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大井の「おおぼとけ」~続・東海道巡礼シリーズ

 さて、秋の仏像巡礼シリーズ。  春にやった、東海道巡礼の続き。  また、古寺を訪ね環八をゆく、というのもやりましたが、こちらは環七から至近のお寺でもある。  ちょうど鎌倉大仏の写真を出したこともあり、今回訪ねるのは、東京の大佛です。  ただ、こちらは、「大佛」と言っても、「おおぼとけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庶民を見守る十二神将様・新井薬師~23区内の十二神将をたずねる1

 秋になって、ご近所の仏像巡礼を再会したので、順次記事をアップしてゆきます。  名付けて、  東京の身近なところで拝観できる思いがけない仏像シリーズ、秋の部。  春の部では、東京で拝観できる千手観音や不動明王を中心とした群像などを訪ねましたが、   この前、武蔵国分寺の秘仏本尊公開で、見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山道板橋宿の古仏&石造物+板橋と鎌倉をつなぐ鐘~いたばし文化財ふれあいウィーク特集

 毎年、東京文化財ウィークと並行して行われるいたばし文化財ふれあいウィーク。  文化財特別公開の中山道板橋宿の古寺を中心に、何点かまとめて。  少し前に東海道古寺巡礼というのをやったので、その番外編でもあります。  1、板橋地区 中山道板橋宿の古寺  この前、前田侯爵邸をご紹介したばかりだが、中山道板橋宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お堂をのぞいてびっくり!蟠龍寺~都内随一の観仏エリア・目黒2 東京文化財ウィーク特集

 東京文化財ウィークの公開事業には直接含まれてはいませんが、すぐ近くにある蟠龍寺もご紹介しておきます。  山手通り沿いにある、何気ない小さなお寺ですが、本堂をのぞくと、こんなところに!と、思わず息を飲むほどりっぱな平安~鎌倉期の古仏が・・・・!  浄土宗霊雲山称明院蟠龍寺  門の横にある山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安仏、鎌倉仏、室町仏の豪華な饗宴 大円寺~都内随一の観仏エリア・目黒1 東京文化財ウィーク特集

  東京で仏像を観るならどこがオススメ?とたずねられたら・・・・、  わたしは、真っ先に目黒の五百羅漢寺をあげたいと思います。  奈良や京都ではあまり観ることができない江戸仏が、質、量ともに圧倒的なだけでなく、お江戸ならではの仏像空間を、お江戸ならではの演出で「体験」してもらおうという、江戸時代の頃からの精神が確かに息づいている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クライマックス!武蔵国分寺薬師堂秘仏本尊御開帳~武蔵国分寺バーチャル参詣3

 それから夏が過ぎ、まだ暑さが残るがだいぶ秋めいてきた秘仏本尊御開帳の日、再び武蔵国分寺を訪れた。  秘仏本尊も含め、「武蔵国分寺」で拝観できる仏像をご紹介。  10月10日(木)  きんもくせいの道   薬師堂に、灯りがともっていた!  夕方、何とか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おたかの道を歩き、武蔵国分寺大伽藍をしのぶ~武蔵国分寺バーチャル参詣2

▽ 七重塔なので、なかなか全層アングルに収まりきらない。  前回書いたように、武蔵国分寺の跡地には、国分寺という寺院が今なお姿を変えて現存し、薬師堂はその裏山のお堂ということになる。  まずは、崖の下にある、現国分寺にお参りしよう。  楼門  現国分寺 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山深く今も武蔵国を見守る秘仏・薬師如来と眷属たち~武蔵国分寺バーチャル参詣1

 少し前の初夏の頃、  仕事で立川に行った時、少し時間があったので、西国分寺駅近くの武蔵国分寺跡および現国分寺を訪ねた。  かつての武蔵国分寺は室町時代の戦乱で焼失し、現在では、「国分寺」は一般的に地名としての方が良く知られているくらいだが、  その旧跡付近には国分寺という寺院が姿を変えて現存し、その裏山深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お江戸博物図譜等の多様な世界~初秋のトーハク5

 お江戸博物画の世界  東京ステーションギャラリーで開催された、大野麥風展を観たばかりだが、トーハクでは、関連する興味深い展示が行われていた。  大野麥風展でも、作品が展示されていた、栗本丹州の「鯨図」。  緑漪軒動物図 栗本丹洲・関根雲停他筆  栗本丹州他の漁譜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海雲寺~東海道・秘仏と不思議建築巡礼その2

 曹洞宗 龍吟山 海雲寺   昭和新選江戸三十三観音番外  江戸時代、寛文年間の創建。  三門  本堂  札所本尊の、創建当初の十一面観音像をまつる。  このお寺で、本堂以上に目立っているのが、このお堂。  千躰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去ログ

テーマ別記事