サンバと台湾伝統芸能、奇跡の融合!?瑪家國民中學~池袋ブラジルストリートカーニバル・その1

画像




 9月13日(日)


 池袋 Burazil Street Carnival

 イケブクロ ブラジル ストリート カーニバル

  @ サンシャイン60通り


画像
画像



 夏の終わりの恒例イベント、

 池袋東口をブラジル一色に染める、

 サンシャインシティ フェスタ・ド・ブラジル 2015

  &

 池袋ブラジル・ストリート・カーニバル


 今年で3年目。

 関係者の皆さんの努力ですっかり定着した感があり、うれしい限りですが、

 ここではまず、フェスタ・ド・ブラジルの最終日、9月13日に行われた、池袋ブラジル・ストリート・カーニバルの様子を。


 昨年、一昨年の記事にも書いてきたように、この池袋ブラジル・ストリート・カーニバル、単なるサンバ・カーニバルではありません。
 もちろん、浅草でおなじみのリオのカーニバル型のサンバも登場しますが、それだけでなく、サンバヘギ、マラカトゥ、ボイブンバ、カポエイラやマクレレーなどなど、ブラジル各地に伝わる芸能を演じる多彩な団体が出演し、ブラジルの伝統文化を幅広く楽しめるのが最大の特徴。

 実は、ブラジルのカーニバルでは、それぞれの土地の伝統芸能が演じられることも多いとのことで、そう言う意味でもより本場に近いとも言え、伝統芸能、民族芸能好きのわたしにとっても願ったりかなったり。



 さて、そんな伝統芸能色の強い池袋ブラジルストリートカーニバルですが、

 何と、今年は、ブラジルの枠を突き破って、サンバと台湾の伝統民族芸能を融合させたグループが登場!

 しかも、中学生、

 昨年、台北で行われたサンバ・カーニバルで、50以上の学生チームの頂点に立った中学生チームとのこと。

 このイベントのためにわざわざ来日してくれたのだろうか。
 

 瑪家(マージャー)國民中學 (台湾)


 メンバーの皆さん。

 バラエティに富んだ、色とりどりの民族衣装が見える。

画像



 まずは、パレード

画像


画像



 わたしの前で踊っていた方々。

画像


画像
画像


画像
画像


画像
画像


 時折、沖縄のカチャーシーのようなかけ声、踊りも。

画像



 赤、黄、緑、カラフルな衣装。 

画像


画像
画像



 引き続き、フォーメーション。

画像


画像


 純粋な民族舞踏も見せてくれた。

画像



 パーカッション。すごく楽しそう。かなりの迫力。

画像


画像


画像




 よくぞ、池袋まで、はるばる来てくれました。

 どうも、ありがとう!



そのほかの「記事目次」

「全体記事目次」

カンタータ日記・奥の院

浅田真央さん情報・最新版

宮沢賢治記事目次

カンタータ日記・大阪モダン建築図鑑

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

過去ログ

テーマ別記事